飼い方

犬の室内向けゲージの場所!設置方法&注意点を解説!

犬と同じ空間で生活することは飼い主さんと
たくさんのコミュニケーションが取れ、
愛犬の成長を促してくれます♪

いつもは室内フリーの状態でも、
お留守番の時などはやはり安全を考えて
ゲージを用意しておきたい
もの。

犬は家全体を縄張りと思う子が多いのですが、
その縄張りは群れ(家族)のものだと
考えています。

そこで、ゲージを設置してあげることで
愛犬専用のお部屋を作ってあげると
喜んでくれますよ^^♪

しかし、ゲージを設置するにあたって
いくつか注意しておきたいポイント
あります!

今回は室内ゲージについて

  • 設置場所に気を付けよう!
  • 設置場所の良い例!
  • トイレはどこに置く?いくつ必要?

についてご紹介しますね♪

現在ゲージを使用している方も、
設置場所が正しいかどうか見直して
いただけたら、と思います^^







犬の室内ゲージの配置場所はどこが最適?

まずゲージを購入するにあたって設置
場所を大まかに決めておくと大きさなど
も決めやすくなります♪

犬のゲージを置く最適な場所の5つの
ポイントは以下のことが挙げられます。

  1. 日当たりがいい場所(窓際はNG)
  2. リビングなど家族が多く訪れる場所
  3. 風通しがいい場所
  4. フローリングの上(掃除が楽)
  5. テレビやオーディオ機器から離れた場所

犬は暑さにも寒さにも弱い生き物です。
なので日当たりがいいと言っても、明るい
場所で風通しのいい場所が過ごしやすい
場所になります。

特に夏の場合は、窓際は高温になるので
熱中症の危険からおすすめできません。

また、風通しのいい場所でもエアコンの
風が直に当たる場所も避けなければ、
低体温症になってしまうので注意しましょう。

床の素材ですが、畳の上はどうしても
痛んでしまう点と、粗相をした場合に
染みこんでしまうのでおすすめできません。

なるべくはフローリングの上に設置した
方が掃除も楽になりますよ♪

どうしても畳しかスペースが確保できない
場合は、防水・消臭のペット用のマット
下に引くようにしましょう。

テレビやオーディオ機器の周辺は、犬に
とってストレスになることがあります。

犬は人間よりも遙かに耳がいいので、
騒音に感じてしまうんです。

なので、できるだけテレビやオーディオ機器
から離してあげた方が良いと言えます!


Sponsored Links




ゲージのタイプはどんなものがある?軽い?重い?

犬のゲージを室内に置くにあたって
皆さんはどのようなポイントが気になる
でしょうか?

インテリアに合う見た目でしょうか?
それとも頑丈さでしょうか?

私は愛犬の大きさや性格に合わせてゲージ
を選ぶのが一番いい方法だと思います♪

一昔のゲージはステンレスタイプの頑丈で
重いものが主流でしたが、今は木製や
プラスチック、網目で出来ているものも販売
されていて、女性一人でもラクラクと設置
できるものが増えています♪

まずは愛犬に合ったゲージを選んであげ
ることが大切です。

コンビネーションサークル わんこ向け屋根付きセット

 

引用:Amazon

スタンダードなタイプのゲージです♪
屋根が付いているので、上部からの
脱走防止になります。

また、下受けが付いているので、水洗いが
できて清潔に保つことが可能です。

リッチェル ペット用 木製3WAYサークル

引用:Amazon

こちらは木製のサークルで、お部屋の
インテリア
にも馴染みやすい
ですね♪

噛んでしまっても多少のことでは壊れ
ないので安心して使うことができます。

Fortemペットハウス犬猫ハウス 

引用:Amazon

こちらは防水性の布で出来ている
ゲージです。
旅行などに持っていくにも軽く、
コンパクトにたためるので、1つ
持っておくととても便利です♪

手作りでDIYゲージ!

引用:https://mofmo.jp/article/580

100均で販売されているを使ってDIYで
作ることも可能ですよ♪

ちなみに我が家ではキッチンに市販
タイプを置きリビングにDIYのゲージ
置いています♪

それぞれの部屋に置いてあげても、愛犬の
くつろぎスペースになっていいですよ♪

購入しすぎた網は、玄関の脱走防止
柵として使っています♪

犬のゲージの手作りはこちらの記事を参考に♪
⇒犬のケージを手作り!100均を駆使してDIYは可能か!?


Sponsored Links




室内ゲージの設置方法を紹介!

引用:https://www.peppynet.com/

では室内にゲージを置く方法を紹介して
いきますね♪

上記に書いたゲージを置く最適な場所の
確保をしたら、実際に置いてみましょう。

ゲージは家の中に複数個所作ってあげる
ことが理想なので、寝室や人が出入りする
部屋にも設置してあげてください。

トイレはどうする?ゲージの外にも必要?

ゲージの設置ができたら、次は愛犬が
過ごしやすいように生活品を入れてあげ
ましょう♪

ゲージの中には

  • クレートやキャリーバックなどの寝床
  • 水(給水器が便利)
  • お気に入りのおもちゃ
  • トイレ

を入れてあげてくださいね!

寝床をキャリーバックにするのは、地震
などの急な展開にもすぐ対応できますし、
キャリーバックに慣れさせるためにも
おすすめです。

水はこぼしてはいけないので、給水器
を使うと便利です。

トイレですが、ゲージで愛犬を寝かす
ようにしつけをするのであれば必須です。

またお留守番の時にも必須になるので
準備しておくといいですね!

トイレはゲージ外にも置くかどうかですが
我が家の場合は、置いています!

トイレは複数個あれば粗相を防ぐこと
もできますし、ゲージでは寝床とトイレが
近い場合、用を足さない場合もあるから
です。

愛犬が住みやすいおうにしてあげると
いいですね♪


Sponsored Links




犬の室内ゲージを設置する時の注意点!

では、ゲージを設置するときの注意点ですが
犬がゲージに慣れるまでは、飼い主さんの
においが付いたものを入れてあげたり、
犬が安心できる場所ということを教えて
あげて欲しいということです。

イタズラをしたときにしつけと称してゲージ
に閉じ込めてしまう方もいますが、これでは
犬にとって嫌な場所という認識をしてしまい
ます。

なので、初めはゲージのドアをオープンに
して出入りが自由にできるようにして
危険がないことを教えてあげることも
大切なことです。

おやつをゲージ内で与えるようにすると
犬にとって良いことがある場所だと
認識し、ゲージに入ることを嫌がることも
ないと思います♪

ゲージはしつけの訓練にも活用できます
し、災害などの避難所生活では犬は
ゲージに入れられることが多いので、この
ような生活を送らなければいけない上でも
慣れさせておくといいですね!

まとめ

今回は犬用のゲージについてご紹介
しましたが、いかがでしたでしょうか?

これから新しく犬を飼う方も、現在飼って
いる方も参考にしていただければと
思います♪

人と犬がお互いより良く生活ができると
良いですね♪






ペットの『臭い』が気になる人必見!


ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。

ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!

人間と同じようにわんちゃんにも
アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
そんな愛犬の

  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥、湿疹
  • 肌荒れ

などで悩みを抱えている飼い主さんに
おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
「AVANCE(アヴァンス)」
です。

AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

など排泄後の肛門周囲ケア等にも
幅広く応えてくれます。

世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
特許成分「RG92」を配合しており
特別な保湿力があります。

化学薬品を一切使用していないので
安心して利用できます。

⇒AVANCE(アヴァンス)の詳細を確認する




【関連する人気記事】


ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

ABOUT ME
わんちゃんとあそぼ編集部
わんちゃんとあそぼ編集部
私達わんちゃんとあそぼ編集部は 犬を飼っている、ブリーダー、獣医師の 30〜40代の6人チームです。 わんちゃんに関する情報を掘りさげて 読者の皆様にご提供できればと思っております。 より正確な記事を書けるよう努めております。