気持ち

犬の表情に意味はある?気持ちや感情を知るポイントとは!?

犬を飼い始めて一番驚いたのは、
犬の表情の豊かさでした。

困り顔や笑い顔など、
犬は本当に表情豊かですよね!

dog-531481__180

でも、困り顔に見えるその顔は本当に
’’困っている’’
という意味なのでしょうか?

笑い顔に見える時は、
本当に笑っているのでしょうか?

今回は犬の表情の意味を調べてみました。

表情豊かな犬の画像もご紹介しますよ♪






犬の表情には感情表現の意味がある?

犬の表情には、私たち人間と同じように
感情表現の意味があるのでしょうか?

2016y02m05d_181712192

答えはもちろん、「その通り!」です。

犬の表情には感情がこもっていて、
意味もあります。

表情から気持ちを読み取るポイントは、

です。

目からわかる感情●キラキラした目
 →「嬉しい!」
  「楽しい!」
      
●まゆを下げたような目
 →「いたずらして申し訳ない」
  「退屈だなぁ」
      
●つり上がった目
 →「やめてよ!」
  「腹立つなぁ」
      
●上目づかいのまん丸な目
 →「おやつちょーだい!」
  「まだかなまだかな」
鼻からわかる感情●鼻をひくひく
 →「この匂いはなんだろう?」
  「この人だれだっけ?」
      
●鼻にしわを寄せる
 →「お前だれだ!!」
  「ボクのほうが強いぞ!」






口からわかる感情●口を大きく開けてまるで笑顔
 →「嬉しいね!」
  「楽しいね!」
      
●口を半開きでパクパクする
 →「はやくはやく!」
  「遊ぼー!」
      
●口を半開きのまま固まる
 →「えっ!?(驚いて固まっている)」
  「飼い主さんまだかな」
      
●口を真一文字に結ぶ
 →「なんだろうこれ・・・」
  「見慣れないおもちゃだなぁ」

耳やしぐさの変化は気持ちの表現?

目・鼻・口のほか、
耳やしぐさの変化も気持ちの表現です。

耳の変化からわかる感情●耳をピンっと立てている
 →「なんの音だろう・・・?」
  「なんか楽しそうだな」
      
●耳を前後左右にピクピク動かしている
 →「怪しい音がするぞ・・・」
  「変なのがいる!?どうしよう・・・」
      
●耳を後ろに倒している
 →「あなたに服従してますよ」
  「穏やかで楽しい気分です」
      
●耳を後ろに倒してキバをむいている
 →「ここから出ていけ!!」
  「噛みついてやるぞ!」
    
※参考記事
⇒犬は耳で気持ちがわかるってホント?倒す時はどんな感情?

 

しぐさの変化からわかる感情●しっぽをぶんぶん大きく振る
 →「嬉しい!楽しい!」
      
●しっぽを小刻みに振る
 →「・・・だれ??(警戒心)」
  「むむ・・ケンカするか??」
      
●しっぽを丸めて足の間にいれる
 →「怖いよー・・・」
      
●背中の毛を逆立てている
 →「ケンカ上等!!」
  「絶対負けないぞ!」
      
●体がカチコチに固まって動かない
 →「心臓とまりそうなくらい
  怖いよー・・・」
  「一体なにが起こったの!?」
  「どうしたらいいの?わからないよー」

犬と接する時に一番注意すべきなのが、
「ケンカ上等!」や「噛みついてやるぞ!」
といった威嚇を示す行動です。

犬が威嚇しているときには、
ご紹介した耳やしぐさの変化の他にも
鳴き声やポーズに特徴がでます。

詳しくは
⇒犬の威嚇は鳴き声やポーズでわかる?種類とその意味を紹介!
をご覧ください。






捨て犬や保健所で保護されていた犬の表情は違う?

捨て犬や保健所で保護されていた犬は、
そうでない犬とは
違う表情をみせるのでしょうか?

わたしの飼い犬は元保護犬ですが、
その経験からいうと、
答えは「ハーフハーフ」です。

たしかに、最初は他の犬とは
違う表情をしていました。

というより、’’無表情’’だったのです。

散歩に行ってもオヤツをあげても、
一切表情が変わりませんでした。

 

でも2週間もすれば、
他の犬と同じ表情を
見せてくれるようになりました。

楽しいときには笑顔になり、
ケンカをするときには鼻にしわを寄せ、
怒られたときにはたれ目になって
家族を和ませてくれます。

 

出身がどうであったとしても、
どの犬も犬らしいかわいい表情を
わたしたちに見せてくれますよ!

表情豊かな犬の画像で癒されて♪

ではお待ちかねの
かわいい犬の画像をみていきましょう!

どの画像も表情豊かで、
とーってもかわいいですよ♪

動画もありますよ。

 

上目づかいで「まだかなまだかな」

室内飼いパグ

 

鼻をヒクヒク「この人だれ??」

dog-1203351_960_720

 

口を大きく開けて「楽しいね!」

dog-842780_640

 

耳をピンっとたてて「なんの音?」

stock-photo-765306-dog-day-dreams






まとめ

いかがでしたか?

 

犬は本当に表情豊かな動物で、
表情にはそれぞれ意味があります。

感情は目・鼻・口・耳・しぐさに出やすく、
ずーっと一緒にいれば
だんたん気持ちがわかるように
なってくると思います。

5e2b7eb8-d350-47da-ab2a-69c5b0dc521d

ある研究によると、
よく歯をみせて笑う家族に育てられた犬は
楽しい時に口を大きくあけて
歯をみせるようになるそうです。

犬も私たち人間の表情をみて、
気持ちを読み取り
表現を真似ようとしているのですね。

飼い犬が不安そうにしていたり
寂しそうにしていたら、
ぜひ顔を近づけてあなたの表情を
みせてあげてください。

あなたが楽しそうな表情をしていれば、
きっと犬も同じように
楽しくなってくれると思いますよ。

 








【関連する人気記事】