コラム

犬の体重を人間で換算すると!?こんな増え方は要注意!?

愛犬の健康のためには、体重管理
かかせません。

とは言え、人間よりも体の小さい犬の場合、
どのくらい体重が増えたら太りすぎだと
言えるのでしょうか?

人間の場合、1kg程度の増減はざらです。
では、犬ではどうでしょうか?

そこで今回は、犬の体重を人間に換算したら
どのくらいになるのか、その計算方法を
ご紹介したいと思います。






犬の体重100gを人間で換算するとどれくらい?

woman-841164_960_720

愛犬のダイエットの記録を公開している
ブログなどを見ていると「200g太った」
100g痩せた」など書かれています。

たったこれだけでダイエットするの?
人間目線ではこう思ってしまいがちです。

でも、犬の100g、200gは犬にとって、
決して無視できない増減なんです。

では、愛犬の100gが人間でいうと
どれくらいになるのか見てみましょう。

大型犬と子犬では計算方法が違う?

犬の100gは、人間に換算すると
どれくらいになるのか、例を挙げて
見ていきましょう。

犬の体重 100gに対する割合 50kgの人間に換算した体重
3kg 体重の1/30 1.6kg
30kg 体重の1/300 160g

 

3kgの犬と言うとトイプードルを、
30kgの犬はゴールデンレトリーバー
想像してみてください。

100gを人間に換算した場合、犬の体重に
よって大きく異なることが分かります。

トイプードルのように、体の小さな犬種の
100gは、人間で言う1.6kgもの体重
表しています。

体重計に乗った自分を少し想像してみて
ください。1.6kg増えていると分かると
ショックまでは受けなくても、ちょっと
太ってきたかも…。意識はしますよね?

犬にとっても同じことで、体が小さければ
小さいほど100gの増量は、犬にとって
明らかな体重の増加を示しています。







増加した体重(kg)/ 愛犬の体重(kg)

×50(kg)=人間に換算した体重(kg)

 

(例)30kgの大型犬が1.5kg体重が
増えた場合、50kgの人間に換算する

1.5 / 30 × 50=2.5(kg)

つまり、この大型犬は人間に換算すると、
約2.5kg体重が増えたということが
分かりますね。

ただ、注意したいのは、子犬の場合です。
子犬は成犬になるまでに、急激に体が
大きく成長していきます。

大型犬であればあるほど、成長の度合い
大きくなります。

なので、子犬に関しては体重だけでは
太っているとは判断できません。

コラム小型犬の体重測定の方法は?

では、ここで小型犬の体重測定の
仕方
が分かる動画をご紹介します。

体重測定をするポイントは
カゴを活用することです!

 

これって平均的な成長?適切な体重グラフの推移について

puppy-1207816_960_720

では、子犬が成長する段階でどれくらいの
体重の推移の変化があるのでしょうか?

子犬の体重管理には、体重をグラフに
記録しておくと体重が適切に増えているのか
一つの判断材料になりますよ

では、子犬の体重がどれくらい変動したら
体重が増加した、減少したと言えるの
でしょうか?一つずつ見てきましょう。

体重増加!この増え方は成長?カロリー過多?

犬にも成犬になるまでの間に、人間と
同じように”成長期”と言われる時期が
あります。

小型犬や中型犬、大型犬では成長期の
時期に差があります。

小型犬(10kg以下) 生後10ヶ月頃まで
中型犬(11~25kg) 生後12ヶ月頃まで
大型犬(26kg以上) 生後15ヶ月頃まで

 

寒天ダイエットを試すなら、こちらの
記事がおすすめです!

⇒犬のダイエットに寒天が有効!?レシピや与え方を紹介!

では、子犬の体重推移の目安となるグラフを
ご紹介します。

 

070722_taijyuu

犬のいるしあわせな生活 Happy and me さんより引用

生後1週間程で生まれたときの体重から
2倍にまで成長します。生後4カ月頃には、
成犬時の体重の50~60%にまで成長する
ことが分かりますね。

生後2ヶ月頃までは、子犬の体の中では
骨組織が発達しています。

生後2ヶ月以降では、筋肉組織が
発達していきます。

ただ注意したいのは、生後4~5ヶ月頃から
脂肪組織が発達し始め、太りやすくなって
きます。この頃から子犬の食事管理、
体重管理には注意しましょう

また、成長期に腸内環境を整え、
しっかりとした体づくりをしておくと
様々な病気の予防にもなります。

子犬のしつけには、こんな記事がおすすめ♪

⇒犬の甘噛みの直し方!やめさせる3つの方法

⇒犬のマウンティング!クッションにする意味とは?






体重減少!激減の場合は病気の可能性も?

愛犬の肥満も確かに重要ですが、それと
同じように注意したいのが体重減少です。

愛犬の体重管理と聞くと、肥満に
ならないように気をつけることだと思って
しまいがちです。

でも、明らかに体重が激減した場合、
病気の可能性があることを理解して
おきましょう。

 

 

体重減少する病気の一例

  • 糖尿病
  • 肝臓ガン
  • 腎不全
  • 犬の回虫症
  • 感染症 など

 

犬のガンについての記事ならこちらが
おすすめです。

⇒犬に癌が発覚!余命やかかる費用は?

⇒犬に癌が!…末期症状だとどんな状態になるの?

体重管理シートを活用しよう!

ここで、無料で利用できるおすすめの
体重管理シートとアプリをご紹介します!

ぜひ、愛犬の健康管理に活用してみて
くださいね♪

体重管理シートが無料でダウンロード
することができます!

⇒ペット用品・ペットグッズ通販のペピィHPの体重管理シートのページ

スマホで簡単!愛犬の健康管理が無料で
利用できますよ♪

⇒ペット用品・ペットグッズ通販のペピィHPのわんこ手帳のページ

まとめ

いかがでしたか?
実際に人間の体重に換算してみると、
意外と愛犬は太っていたんだ
気づくこともあるかもしれませんね。

また、愛犬の体重や日々の行動など
成長を記録することで、愛犬の異変に
いち早く気づくこともできます

ぜひ、活用できるものは活用して、
愛犬の体重管理、健康管理をしっかり
行って
いきましょう!








【関連する人気記事】