飼い方

犬がボールを持ってこない!遊びながらしつける方法はある?

あなたの犬、
ボールの『持ってこい遊び』できますか?

持ってこい遊びとは、
い主が投げたボールを
犬が走って取りに行き、
飼い主の元まで持って帰ってきてくれる遊び
のことです。

犬を飼ったからには、
この遊びしたいですよね。

でも、犬ならどんな犬でも
ボールを投げたら持ってくると思ったのに、
うちの犬は持ってこない・・・
とショックをうけてはいませんか?

o0800053212564682878

持ってこい遊びにはしつけに大切な要素も
ぎゅっと詰まっているため、
諦めずにきちんとしつけたいですよね。

 

今回は持ってこい遊びの効果的な教え方
調べました。

おもちゃを離さない犬や、
おもちゃで遊ばない・噛み壊すなどの、
取ってこない以外の問題への対処法も
ご紹介します。

一緒に持ってこい遊びを成功させましょう!







ボールを投げても犬が持ってこない!効果的な教え方とは?

ボールを投げても犬が持ってこない犬には、
どのように教えたらよいのでしょうか?

効果的な教え方はあるのでしょうか?

わが家の犬も成功した
効果的な4ステップをご紹介します。

持ってこい遊びの効果的な教え方

用意するもの:
ボール
とっておきのおやつステップ1:ボールに興味を持たせる
ボールで軽く遊び、
ボール好きになって
もらいましょう。
ステップ2:追いかけさせる
次はボールを少し転がして
追いかけさせましょう。

少しでも追いかけるそぶりを見せたら、
おやつをあげて褒めてあげます。ステップ3:ボールを咥えさせる
スッテプ2を繰り返していると、
犬がボールを咥える瞬間があります。その時に、
「持ってこい!」
と合図を声がけして
呼び戻しをしましょう。

繰り返しているうちに、
ボールを咥えて戻る=「持ってこい!」
と犬が理解してくれます。

ステップ4:距離を伸ばしていく
ステップ3の成功率が上がってきたら、
少しずつ転がす距離を
伸ばしていきましょう。

そのうち、遠くに投げたボールでも
持って帰ってきてくれるようになります。


Sponsored Links




遊びの延長じゃなくきちんとしたしつけじゃないとダメ?

持ってこい遊びを教えるには、
遊びの延長じゃなく、
きちんとしたしつけをしないと
ダメなのでしょうか?

そんなことはありません。

むしろ、緊張感のあるしつけよりも
遊びながらのしつけのほうが
犬には効果的です。

ボールで遊びながら、いつの間にか
持ってこいができるようになっている
というのが理想です。

そのため、

  • できなくても怒らない
  • 笑顔で飼い主も楽しむ

ことが大切です。

あなたの笑顔ととっておきのおやつで
楽しく持ってこいをしつけてあげましょう。

 

取ってこない以外にも!こんな場合はどうする?

持ってこい遊びには、
ボールを取ってこない以外にも
ぶつかるかもしれない壁があります。

  • 好きなおもちゃを離さない・渡さない
  • おもちゃで遊ばない
  • おもちゃを噛んだりまるごと飲み込む

といった行動をとる犬がいるのです。

こんなときはどうしたいいのでしょうか?

好きなおもちゃを離さない・渡さない

好きなおもちゃを離さなかったり、
渡さなかったりする犬には
どうしたらいいのでしょうか?

おもちゃに執着する犬には、
おもちゃを離す練習をする必要があります。

おもちゃを離す練習のやり方

用意するもの:
とっておきのおやつ
ステップ1:
優しく、おもちゃを離す合図を声がけする。
合図は「オフ」「離せ」「アウト」など
なんでもよいです。
ステップ2:
犬がおもちゃを離したら、
とっておきのおやつをあげて褒める。


Sponsored Links





これを繰り返すと、おもちゃを離す合図で
おもちゃを離してくれるようになります。

b0038402_21291636

絶対にやってはいけないのが、
むりやり取り上げることです。

むりやり取り上げると、
よりおもちゃに執着して
次はもっと抵抗されてしまいます。

遊び方がわからない?おもちゃで遊ばない

そもそもおもちゃで遊ばない犬には、
どうしたらよいのでしょうか?
遊び方がわからないのでしょうか?

おもちゃで遊ばない原因としては、

  • 遊び方がわからない
  • おもちゃが好みではない
  • そもそもおもちゃに興味がない

の3つが考えられます。

P4292789_convert_20140720181945

遊び方がわからない場合は、
飼い主が遊んでみせてあげましょう。

そのうち遊び方を理解して、
遊びだすと思います。

 

犬にも好みがあり、
単純におもちゃが好みではないから
遊ばない場合もあります。

音のなるおもちゃや匂いの付いたおもちゃも
販売されているので、
今のおもちゃとは違う種類のおもちゃを
探してあげてみてください。

 

中にはそもそも、
おもちゃに興味がない犬もいます。

その子の個性なので、
ある程度は尊重してあげてください。

おもちゃに興味がなくても、
枝や松ぼっくりなど
自然のものには興味をもつ子もいます。
またペットボトルが大好きな犬もいます。

市販の犬用おもちゃにこだわらず、
いろいろな物を犬に見せてあげれば
どれかに興味を持って
遊びだすかもしれません。

 


Sponsored Links




 

歯型がつくまで噛んだり、まるごと飲み込む

おもちゃを歯型がつくまで噛んだり、
まるごと飲み込む犬には
どうしたらよいのでしょうか?

おもちゃを壊すのは別にいいのですが、
飲み込んでしまうのは体が心配です。

 

犬が噛んでも歯型がつかず、
壊れない堅いゴムを使ったおもちゃ
販売されています。

こうした素材で丸のみできない大きさの
おもちゃを選んであげましょう。

ロープおもちゃも壊れにくく
飲み込みにくいのでオススメです。

dog0012-018

まとめ

いかがでしたか?

『持ってこい遊び』の効果的な教え方は

ステップ1:ボールに興味を持たせる
ステップ2:追いかけさせる
ステップ3:ボールを咥えさせる
ステップ4:距離を伸ばしていく

の4ステップです。

きちんとしたしつけじゃなく、
遊びの延長で教えることが大切です。

とっておきのおやつとたくさんの褒め言葉で
楽しく『持ってこい』を
マスターしてくださいね。

おもちゃを離さない犬や、
おもちゃで遊ばない・噛み壊すなどの、
取ってこない以外の問題にも
それぞれにあった対処をしてあげましょう。

無題

持ってこい遊びが好きな犬もいれば
嫌いな犬もいます。

これだけが遊びやしつけではないですから、
あまり気張らずに、
気長に教えてあげてくださいね。

あなたが楽しむのが
早く上達する一番のコツですよ。

最初は持ってこい遊びが
できなかったわが家の犬も、
ご紹介した4ステップを繰り返し、
ゆっくりですが成功率は上がっています。

一緒に持ってこい遊びをマスターして、
毎日をより楽しくしましょうね!

 






ペットの『臭い』が気になる人必見!


ペットの臭いが洗濯物やソファにつくのが
気になりませんか?

※ペットの臭いは芳香剤などの『匂い』を被せても
解決しません。

そんなあなたには消臭・除菌ができる
『カンファペット』がオススメです。

カンファペットなら、

・カーテンやソファの消臭ができる
・ペットの体臭対策に使える
・車に乗せた後の消臭に
・お尻のお手入れにも
・目や口に入っても安全

などペットがいるお家に最適です。
また除菌効果もあるので、
飼育ゲージの消毒や散歩の後の消毒にも使えます。

ペットの『皮膚トラブル』に悩んでる人必見!

人間と同じようにわんちゃんにも
アトピーや皮膚トラブルはつきものです。
そんな愛犬の

  • 脱毛
  • かゆみ
  • フケ
  • 乾燥、湿疹
  • 肌荒れ

などで悩みを抱えている飼い主さんに
おすすめなのが わんちゃん用化粧水の
「AVANCE(アヴァンス)」
です。

AVANCE(アヴァンス)なら、

  • 「発毛促進」技術を採用
  • 目や口に入っても安全
  • 皮膚トラブル
  • 爪や肉球のトラブル

など排泄後の肛門周囲ケア等にも
幅広く応えてくれます。

世界が認めた発毛促進技術と温泉から発見した
特許成分「RG92」を配合しており
特別な保湿力があります。

化学薬品を一切使用していないので
安心して利用できます。

⇒AVANCE(アヴァンス)の詳細を確認する




【関連する人気記事】


ペットの健康のために『サプリ』を探している人必見

ペットの体調が悪いと心配ですよね?

・涙やけが治らない
・食糞が治らない
・毛並みがボサボサ
・お腹がゆるい
・食欲不振
・皮膚がガサガサ

などの悩みを抱えていても

『何をしたらいいか分からない!』となる
飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そんなあなたには
犬用サプリの
『aikona(あいこな)』がおすすめ
です。

aikona(あいこな)なら、

・涙やけを改善してくれる
・食糞対策に使える
・腸内環境を整えてくれる
・毛艶・毛並みがよくなる
・無農薬栽培で安全に食べれる
・満足度91%で期待できる

など色んな悩みに応えてくれます。

またどんな犬種に与えても大丈夫なので
大型犬・小型犬も分けずに利用できます。

ABOUT ME
わんちゃんとあそぼ編集部
わんちゃんとあそぼ編集部
私達わんちゃんとあそぼ編集部は 犬を飼っている、ブリーダー、獣医師の 30〜40代の6人チームです。 わんちゃんに関する情報を掘りさげて 読者の皆様にご提供できればと思っております。 より正確な記事を書けるよう努めております。